2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12







キネシオロジー講座②【胸がモヤッと】


 


シンコ先生のキネシオロジー講座では、
講義よりペアワークを中心にして、
身体の反応を実際体験してみた。

イエス・ノーの反応を使って、
問題となっていることを探っていく。
身体の反応をみるのも大事だが、
質問力、洞察力が要求されるなぁと思った。
(そこら辺はibマッピングもそうだ)

水分が不足していると、
反応がにぶくなったり、逆転したりする。
髪の毛を触って水分チェックをするのが、
不思議な感じだった。
人間は電気?波動?

身体の反応を使って、
自分に必要なアロマオイルを選んだ。
【クローブ】
免疫系、胸腺、甲状腺機能に作用するという。
でも、
これは好きな香りではない。
必要なアロマが好きな香りとは限らなくて、
むしろ苦手なことも少なくないそうだ。

それにしても…
クローブを嗅いでからすごくモヤッとする。
胸が苦しいような、喉がつまるような。

「モヤッとが止まらなくて苦しいです」と
シンコ先生に言ったら、
キネシオロジーで調べてみて下さいと言われて、
ペアの方とやってみた。

母との関係で傷ついた過去が導き出された。

その過去の傷を心理ワークで癒していったら、
なぜだろう、
クローブを嗅いで感じていたモヤッがなくなった。

おのころ心平氏によると、
甲状腺は母と娘の関係を反映するらしい。

クローブが作用するのは免疫系、甲状腺。

クローブの香りが、
蓋をしていた心の箱を開けたのかもしれない。

自分が今、その時の母の年齢となり、
母がなぜそういうことを言ったのか、
わかるような気がする。

そこにも「愛」があったのだ。


いろんなパターン、ペアを変えてのワーク、
あっという間の一日だった~ヽ(´▽`)/


頭の中、心の中、いっぱいなので、
また整理出来たら、覚書的に書きます。




※写真はエゴノキの花
2014年5月中旬頃@瓢湖


スポンサーサイト
[ 2017/05/28 ] キネシオロジー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する